岡田直弓(スウィートパワー社長)の経歴は?顔画像や年齢を紹介!

芸能界を引退した堀北真希さんや、人気女優の桐谷美玲さんや黒木メイサさんなどを抱える芸能事務所「スウィートパワー」の社長、岡田直弓さんのセクハラ疑惑が話題になっています。

しかも『女性社長が女性タレントに対するセクハラ』ということで、岡田直弓社長がいったいどんな人物なのか、大注目を集めることとなりました。

売れっ子女優を次々と発掘してきた敏腕社長、岡田直弓さんの経歴や、顔画像・年齢など、みんなが気になるプロフィールを紹介していきますね。

スポンサーリンク

岡田直弓社長の顔画像と年齢

岡田直弓社長の顔画像はこちらになります。

ショートカット・帽子・マスクのため一瞬男性かと思ってしまいすね。

ノーメイク・・というより、化粧っけがまったくありませんね。髪も真っ黒です。
いわゆる『やり手女社長』というゴージャスな雰囲気ではありませんね。

服装も女性らしい感じではありませんね。
遠目から見ると『オジサン?』という声も聞かれるようです。

年齢は現在、53歳です。

岡田直弓社長は1996年11月、当時29歳の時にスウィートパワーを設立していますから、ずいぶん若くして、自分の会社を設立したのですね。

スポンサーリンク

岡田直弓社長のセクハラ疑惑とは

今回のセクハラ疑惑は週刊文春が報道したもので、『芸能事務所「スウィートパワー」の岡田直弓社長が、所属女優にセクハラ行為を続けていた』という内容です。

そのセクハラを受けた女優は、週刊文春では「鈴木友花」という仮名で報道されていて、実名は出ていません。

セクハラの内容は

岡田直弓社長の寝室にはダブルベッドが置かれていて、そこに鈴木友花を呼び寄せて体を触るなどをしてきた。

ということです。

岡田真弓社長の自宅は高級住宅街にある豪邸で、そこに被害を受けた「鈴木友花」さんも住んでいるそうです。

週刊文春によると、「鈴木友花」さんが親しい友人に、このように訴えていたとのこと。

「岡田さんの部屋にダブルベッドがあって、1年半くらい一緒に寝ていました。ベッドの中で、手を繋がれたり、すごく嫌だった」

出典:文春オンライン

1年半も一緒に寝ていたというこということですから、もしこれが本当であれば、かなり長い期間、セクハラ行為に苦しんでいたことになりますね。

岡田直弓社長の経歴

ここで、敏腕社長、岡田直弓さんの経歴を見ていきましょう。

芸能事務所社長とはいえ一般の方ですので、経歴について詳細まではつかめていませんが、現時点で判明しているものについて紹介しますね。

1992年、「フォスター」の前身「メロディーハート」でマネージャー

岡田直弓社長は、1992年に芸能事務所「メロディーハート」でマネージャーをしていました。

「メロディーハート」とは、現在の「フォスター」の前身の会社なのですが、「フォスター」の子会社『フォスタープラス』には広瀬すずさん・広瀬アリスさん姉妹や、鈴木杏さん北乃きいさん勝地涼さんなどが所属する大きな事務所です。

岡田直弓社長は、その「メロディーハート」でマネージャーをしていた頃、1992年に女優の瀬戸朝香さんをスカウトしてデビューさせています。

瀬戸朝香さんは愛知県瀬戸市出身で、岡田直弓社長は当時中学生だった瀬戸朝香さんのご実家に、何度も通い詰めたそうですよ。

確かにものすごい美少女です!
岡田社長、見る目ありますね!!

瀬戸朝香さんは中学卒業と同時に女優デビューし大ブレイクした後、30歳の時にV6の井ノ原快彦さんとご結婚されました。

1996年11月「スウィートパワー」を設立

岡田直弓さんは1996年11月に独立し、現事務所「スウィートパワー」を設立されました。

そのきっかけは、もと女優の有坂来瞳(ありさか くるめ)さんを九州から発掘したことだそうです。

引用元:タレント辞書

有坂来瞳さんは福岡県久留米市出身で、地元では美少女とウワサだったそう。有坂来瞳さんがファミレスでバイトしているところに、岡田直弓社長がスカウトに出向いたのです。

その後、有坂来瞳さんは1997年にデビューし、数多くのドラマや歌番組で活躍しました。

このように、岡田直弓社長は美少女を発掘するために、地方に直接出向いて、長い時間をかけてでもスカウトに力を注いだそうです。

そして、岡田直弓社長が見出した女優の多くが、次々と売れていき、そのスカウト力と審美眼が業界で知れ渡ることとなっていったのです。

岡田直弓の結婚や住まいは?

岡田直弓社長の結婚については情報がありませんが、都内の5億円の豪邸に住んでいて、家族が一緒にいる様子は無さそうとのこと。
結婚はしていないのではないかと思われます。

その豪邸に、今回のセクハラ被害者といわれる「鈴木友花」さんを住まわせていたのですが、他にもマネージャーや家政婦が同居しているそうです。

スウィートパワーをのチーフマネージャーによると、その豪邸は岡田社長の自宅ではあるが、「鈴木友花」さんと二人きりではなく、『みんなで共同生活を送っている寮みたいなもの』とのこと。
セクハラ疑惑についても、真っ向から否定していました。

なお、「鈴木友花」さんはすでにその豪邸を出ていて、現在、同居はしていないそうです。

スポンサーリンク

岡田直弓社長が発掘した女優

スカウトした人材のほとんどが売れっコの女優になっていくため、岡田直弓社長の審美眼は業界でも有名だそう。

その岡田直弓社長が発掘した女優を紹介しますね。

前述もしましたが、まずは「メロディーハート」という芸能事務所で働いていたときに女優の瀬戸朝香さんを発掘しています。
瀬戸朝香さんはデビュー後、大人気女優となりました。

そして、スウィートパワー設立時には有坂来瞳さんを発掘し、その後は内山理名さん、堀北真希さん、黒木メイサさん、桐谷美玲さんらをスカウトし、次々と超大人気女優に育てていったのです。
まさに敏腕社長といえますね。

また、現在売り出し中の若手女優として、松風理咲さん、長見玲亜さん、竹内愛沙さん、市原菜夏さんが所属しています。

みんな、今後の活躍が期待される魅力的な方ばかりですが、この中の誰かが今回のセクハラ疑惑に絡んでいるのではないかと思うと、いろいろと気になってしまいますね。

岡田直弓社長「スウィートパワー」のスカウト術

岡田直弓社長が設立した「スウィートパワー」は、他の芸能事務所に比べて抱えているタレントの人数が少ないにも関わらず、売れっコの人数がとても多いのです!

いったいどんな方法で『未来のスター』を見つけ出しているのでしょうか?

スウィートパワーのスカウト方法は独特で、徹底的に女優として育てあげるそうです。

まず、社員を地方に住みこませ、美少女を探させて写真を撮らせます。

写真を見て、そのコをスカウトするかどうか、売れるかどうかは、岡田直弓社長の判断にゆだねられるそう。
岡田直弓社長の審美眼は天才的と言われていて、岡田直弓社長に見初められた女優はほとんど売れているとのことなのです。
「女性版のジャニーズ事務所」と言われているそうですが、確かに納得ですね。

そして岡田直弓社長は、そのコが売れると判断すると、社員と一緒に実家に直接スカウトに行きます。
長期戦になる時は、その地方でウィークリーマンションを借りて、腰を据えてスカウトにあたることもあるそうです。

女優の瀬戸朝香さんをスカウトした時は、半年以上もかけて説得したのは有名な話だとか。

スカウトした後は、徹底的な管理のもとで女優を育てるそうで、自宅に住まわせ、少人数制の養成所で演技・歌・ダンスなどのレッスンを受けさせます。

このようにして、金の卵を磨き上げ、売れっコ女優が誕生するとこになるわけです。

スウィートパワーのスカウト術がすごい・・というより、岡田直弓社長の『売れる人材』を発掘して育てる能力が極めて高い!!ということのようですね。

スパイスパワー(男性部門)の誕生秘話

高杉真宙をスカウト

スウィートパワーは現在、女性タレント部門の『スウィートパワー』と、男性タレント部門の『スパイスパワー』で構成されています。

もともと、設立時のスウィートパワーは女性タレント部門のみでした。
しかも、社長を筆頭に、マネージャーやスタッフも全て女性のみという会社だったのです。

そんなスウィートパワーに、男性タレント部門『スパイスパワー』が設立されたきっかけは、俳優の高杉真宙(たかすぎ まひろ)さんをスカウトしたことでした。

なんと、岡田直弓社長は高杉真宙さんのことを女のコだと思ってスカウトしてしまったのです。

男性だとわかった後も、高杉真宙さんが売れることを確信していた岡田直弓社長は、男性タレント部門『スパイスパワー』を作ることにしたというわけです。

スポンサーリンク

岡田健史をスカウト

現在、『スパイスパワー』にはブレイク中の俳優、岡田健史(おかだ けんし)さんも所属しています。

岡田直弓社長は、岡田健史さんが中学校1年生のときからスカウトしていて、5年間説得し続けたそうです。

岡田健史さんは福岡県出身ですから、岡田直弓社長は例によって、長期にわたり福岡県に通い詰めたのでしょう。

岡田健史さんは、中学校・高校と野球に没頭し甲子園を目指していたため、岡田直弓社長からのスカウトは断り続けていました。

将来的には社会人野球に進むつもりだったため、大学へ進学し野球を続けようと思っていたそうですが、高校3年生で野球部を引退した後に演劇部の助っ人として舞台に立つことになり、県大会にも出場しました。
その時「役者になりたい」という気持ちが芽生えたそうです。

そうして、岡田真弓社長にスカウトを受け、スパイスパワーに所属することとなったのです。

岡田健史さんはデビュー作品から注目を集め、あっという間に大人気となりました。
岡田直弓社長の『未来のスター』を見抜く眼は、確かにホンモノのようですね。

岡田直弓社長のセクハラ疑惑の行方

週刊文春が報道した今回の岡田直弓社長のセクハラ疑惑については、「スウィートパワー」が公式コメントを発表し、セクハラ疑惑について真っ向から否定しています。

岡田は当該女優に対してセクシャルハラスメントをおこなった事実はございません。

ただ、所属事務所の社長としての立場として、所属女優に対するサポートや指導の過程で、その距離の取り方において不快な思いをさせていたということであれば、その点はまことに申し訳なく、率直に反省しなければならないと考えております。

引用元:スウィートパワー公式HP

このように、セクハラの事実がないことをはっきりと表明しています。

また、あわせて、週刊文春の記事は岡田直弓社長の人権やプライバシーを侵害するものだと訴えています。

岡田の私生活に関する事柄や、性的志向・ジェンダーに関する事項など、公開を欲しない内容が興味本位に記述されており、これらは明らかに岡田の人権やプライバシーを侵害するものです。

引用元:スウィートパワー公式HP

スウィートパワーは、週刊文春に対して法的措置を含めた対応を検討していくとのことです。

現時点では、セクハラの事実があったのかどうか、いったい何がほんとうなのかどうか、全くわからない状況です。

このセクハラ疑惑の騒動はどんな結末を迎えることになるのでしょうね。

今後、より多くの情報が出てくると思われますので、引き続き動向を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題の人
サムスぺ(Something Special)


タイトルとURLをコピーしました