笹生優花のクラブセッティングが気になる!番手ごとにどこまで飛ぶ?

スポンサーリンク

昨年(2019年)、日本のプロテストに合格後、プロ転向して2戦目となる笹生優花プロ(さそうゆうか)がNEC軽井沢72ゴルフトーナメントで初優勝しました。


ルーキーイヤーでしかも2試合目で優勝してしまうなんて今後が楽しみな選手ですね。そしていきなり大会コース記録タイ『63』とは凄すぎる!


笹生優花プロの魅力はなんといっても飛距離。ドライバーの平均飛距離が260ヤードと日本人には無い規格外のパワーを持っていますが、はたしてどのくらい飛ぶのかゴルフファンだったら気になるところですね。このサイトでは笹生優花プロのクラブセッティング、飛距離について紹介します。

スポンサーリンク

笹生優花プロのゴルフギア

笹生優花プロが優勝した時のクラブは下記になります。ゴルフはクラブ選びも大事ですが、パワーがあるだけにセッティングには苦労したようです。

  • ドライバー:テーラーメイド M5 (10.5°、イミドアンドアサンズ プロトタイプ)
  • フェアウェイウッド(3番、5番):キャロウェイ MAVRIK Sub Zero(15,18°ディアマナZF60X
  • ユーティリティ(4番):キャロウェイMAVRIK(20°、モーダス3 G.O.S.T/S)
  • アイアン(5番~ピッチング):三浦技研 TC-101(モーダス プロトタイプ)
  • ウェッジ(48°、56°、60°):ボーケイSM7
  • パター:ピレッティ プロトタイプ

笹生優花プロのクラブセッティング・番手ごとの飛距離

身長166cmと凄い身長が高い選手でもないのですが、ドライバーの飛距離は規格外ですね。平均飛距離が260ヤードということは条件によっては280ヤード、300ヤードも飛ばすことになります。

今現在(2020年)で19歳ですし、まだまだ体幹など体を鍛えていくともっと飛ばせるようになるので楽しみな選手です。

笹生優花プロのクラブセッティングこちらです。

笹生優花プロのクラブセッティング・飛距離

クラブ 飛距離
 ドライバー 260ヤード
 3番ウッド 230ヤード
 5番ウッド 200ヤード
 5番アイアン 180ヤード
 6番アイアン 170ヤード
 7番アイアン 160ヤード
 8番アイアン 150ヤード
 9番アイアン 140ヤード
 ピッチングウエッジ 130ヤード
 ウェッジ(48°) 117ヤード
 ウェッジ(52°) 100ヤード
 ウェッジ(56°)  95ヤード
 ウェッジ(60°)  75ヤード
 PT

笹生優花プロのスイング

笹生優花プロのスイングは美しいですね。女子プロゴルファーのパクソンヒョン(韓国)、ヤニツェン(台湾)のようなメジャー大会を制したスイングにどことなく似ています。

女性ならではのスイングではなく、男子プロに近い豪快で綺麗なスイング。笹生優花プロはローリーマキロイ(イギリス)が好きなようですが、これまたスイングが似てます。

相当研究をしたのではないでしょうか。研究したからといって似る訳ではないのでゴルフにおけるセンスがズバ抜けていることが分かります。

まとめ

笹生優花プロのクラブセッティング・飛距離について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。規格外のニューヒロインが現れたことは日本にとって嬉しいニュースとなりました。

昨年、渋野日向子プロがメジャー大会で優勝しましたが、近いうち笹生優花プロも優勝してくれるでしょう。

最近プロスポーツの世界で活躍している日本人が多くなりましたが、その一人として笹生優花プロもきっと活躍してくれるはずです。期待しています!

タイトルとURLをコピーしました