スポンサーリンク

橋本聖子の子供の年齢や夫の職業など家族を紹介!実は子供の名前が面白い!

女性蔑視の発言が炎上し辞任に追い込まれた森喜朗氏の後任として、2021年2月18日、橋本聖子さんがが東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長に就任しました。

橋本聖子さんは以前から『オリンピックの申し子』と呼ばれるほど、オリンピックと深いかかわりを持ってきたのです。

前回の東京五輪が開催された1964年に橋本聖子さんは誕生し、お父さまがオリンピックの聖火にちなんで『聖子』という名前を付けたそう。

そんな『オリンピックの申し子』橋本聖子さんは、子供の名前もオリンピックにちなんだ面白い名前だとか!?

しかもお子さんは6人もいるとか?

とっても気になる橋本聖子さんのお子さんの名前や年齢、そして夫がどんな方なのかを調査してみましたので、早速紹介しますね!

スポンサーリンク

橋本聖子に子供はいる?

橋本聖子さんは、スピードスケートと自転車競技で7回もオリンピックに出場し、スピードスケート1500mでは銅メダルも獲得してるものすごい方なんです。

そして、スポーツ選手として現役のときに参議院議員に当選し、選手を引退して現在に至るまで政治家として活発に活動してたスーパーウーマン!とても忙しい方なのです。

そんな、橋本聖子さんにな、なんと6人も子供がいるそう!!

いつの間に、6人もの子供たちのママになったのでしょうか?!

橋本聖子は6人の子供のママ

橋本聖子さんは6人の子供のママなのです。

というのも、橋本聖子さんは1998年に結婚しているのですが、その結婚相手の方は死別した前妻との間に3人のお子さんがいたそうなのです。

つまり、橋本聖子さんは結婚と同時に、相手の方の3人の連れ子のママになったのですね!

橋本聖子さんは選手時代の厳しいトレーニングによりホルモンバランスを崩してしまっていたため、医師から「もう子供は産めないだろう」といわれてしまっていました。

体格の大きな外国人選手と戦うために体脂肪率を9%にまで絞って肉体改造をした結果、何年も整理が止まってしまったそうなのです。

母親になることをあきらめていた橋本聖子さんにとって、旦那様の3人の連れ子のママになれたことはものすごい喜びだったそうです!

子どもたちに「お母さん」と呼ばれたときには、夢のようだったとコメントしていますよ。

結婚した主人にには病気で亡くなった先妻が遺した3人の子どもがいました。母親になることはないだろうと思っていたのに、子ども達から「お母さん」と呼ばれた時は、本当に嬉しくて、夢のようでした。

引用元:参議院議員橋本聖子オフィシャルサイト

そして、さらに嬉しいことに、結婚後、橋本聖子さんは自身で妊娠・出産することができ、3人のお子さんに恵まれることとなったのです!!

諦めていたはずの『母親』になれて、さらには自身で出産することもできて、本当に幸運だったと橋本聖子さんは語っています。

スポンサーリンク

橋本聖子の子供名前が面白い!?

橋本聖子さんがご自身で出産した3人の子供たちの名前が、『オリンピックの申し子』橋本聖子さんらしい?とても面白い名前なのです!

3人ともオリンピック開催の年に生まれたそう。

一人目は、シドニー五輪が開かれた2000年に生まれ、「聖火(せいか」」ちゃんと名付けました。
もう20歳となって成人を迎えています。

二人目は、アテネ五輪開催の2004年生まれの「亘利翔(ぎりしゃ)」君

そして三人目は、トリノ五輪開催の2006年生まれの「朱李埜(とりの)」君です!!

3人ともオリンピックにちなんでいて、橋本聖子さんの熱い思いが伝わるお名前ですね。あ

一人目の聖火ちゃんを出産した時、橋本聖子さんはすでに政治家として活動されていたので、育児はとても苦労されたようです。

千葉にある自宅でベビーシッターに預けて育児をする方法も考えましたが、仕事の時間が不規則ですし、乳児期はできるだけそばにいたいという考えから、平日は東京の議員宿舎で橋本聖子さんと聖火ちゃん二人で生活する方法を選んだそうです。

そして、聖火ちゃんと一緒に議員会館に出勤し、事務所にベビーラックを置いて、仕事をしながら聖火ちゃんの面倒をみていたそう。

また、講演やイベントには、出張先まで聖火ちゃんを連れ歩くこともあったとか。

永田町には託児所が無かったため、橋本聖子さんは、とても苦労されて、仕事と子育てを両立させたようですね。

そんなふうに育てた聖火ちゃんが成人を迎え、橋本聖子さんは感慨無量だったのではないでしょうか!

橋本聖子の結婚相手

大忙しのウーパーウーマン、橋本聖子さんを陰でサポートしている旦那様はどんな方のでしょうか?

気になりますよね。

橋本聖子さんの結婚相手についても調査してみました。

橋本聖子の夫は警察官

橋本聖子さんの夫は、「石﨑 勝彦(いしざき かつひこ)」さんという方です。

もと警察官で、年齢は橋本聖子さんの9歳年上の65歳です。

橋本聖子さんは1964年10月5日生まれの56歳ですから、石﨑さんは1955年生まれですね。

夫の石﨑さんに対して、橋本聖子さんは「私より9歳年上で何かと頼りにしていた」とコメントしていますよ。

以前は警視庁に勤めていたそうですが、現在は定年退職していると思われます。

学生時代はラグビー選手だったそうですので、アスリート同士としても橋本聖子さんと気が合ったのかもしれませんね。

体型もがっちりしていて頼もしい方なのでは?

また、警察官としては島村宜伸農林水産大臣のSPを務め、その後、巡査部長という上級幹部職の職位に付かれたそうです。

橋本聖子さんが政治家としてかなり辛い時にも、石﨑さんが精神的にがっちり支えてくれたそうなので、信頼できて頼りになる存在の方のように思われますね。

スポンサーリンク

橋本聖子と夫の馴れ初め

橋本聖子さんと石﨑勝彦さんとの馴れ初めは、アトランタ五輪の後のことのようです。

橋本聖子さんは1996年のアトランタ五輪に自転車競技で出場したのですが、その時すでに国会議員としても活動していました。

そしてアトランタ五輪の結果が9位と12位と振るわず、国会議員としてオリンピックに出場した橋本聖子さんは、政界からもスポーツ界からも非難を受けることとなってしまったのです。

そして橋本聖子さんは、アスリートとして選手を引退することを決めたのです。

橋本聖子さんにとっては、精神的にとても辛い時期だったようですね。
かなり痩せてしまい、うつ状態にまでおちいってしまったとか。

そんなときに出会ったのが石﨑勝彦さんでした。

石﨑さんは、橋本聖子さんと同じ北海道出身で、ラグビーをやっていたためアスリートとしても話が合ったようです。

橋本聖子さんは石﨑さんに対して、「すぐに心を許して大切な話ができる存在になった」、「主人にだけは不思議とどんな悩みでも打ち明けることができた」と語っています。

とても信頼できる相手に巡り合うことができたのですね。

橋本聖子さんは、今回、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長に就任することで大きなプレッシャーを感じているかもしれませんが、頼りになる一番の味方、石﨑さんがサポートしてくれるのであれば、きっとものすごく心強いでしょうね!

橋本聖子のプロフィール

最後に橋本聖子さんのプロフィールを紹介します。

名前:橋本 聖子(はしもと せいこ)
生年月日:1964年10月5日
年齢:56歳(2021年2月現在)
身長:156cm
血液型:B型
出身地:北海道早来町(現在:安平町)

お子さんの名前からしても、橋本聖子さんはオリンピックと共に生きている方のように感じられますね。

まさに『オリンピックの申し子』橋本聖子さんに、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長として活躍していただきたいですね。

森喜朗氏辞任の後の会長就任というプレッシャーもあるでしょうし、2014年のご自身のセクハラ疑惑(フィギュアスケータ―高橋大輔選手へのキス強要)で国内・海外から叩かれるという厳しい状況下ではありますが、オリンピックメダリストとしての誇りを胸に、堂々と会長を務めていただきたいと思います。

橋本聖子さん、がんばってください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治家 話題の人
サムスぺ(Something Special)


タイトルとURLをコピーしました