スポンサーリンク

鈴木琢也はヤンキー高校・とび職から世界の名門大学へ!偏差値30からの逆転人生!

「バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。」という本をご存じでしょうか?

著者は、鈴木琢也さんという方。

偏差値30台の高校に通い、何度も警察のお世話になっていた元ヤンの鈴木琢也さんが、あることをきっかけに一念発起し、世界の名門大学『カリフォルニア大学バークレー校』を卒業するとういう自身の経歴を本にしたもので、大反響を呼んでます。

「どんなヒトでも本気になれば生まれ変われる!」と、読む人に勇気を与える内容のようですね。

この、元ヤンから世界的な名門大学卒業という異色の経歴をもつ鈴木琢也さん、いったいどんな人なのか、かなり気になりますよね。

鈴木琢也さんの経歴や、一念発起したきっかけ、世界名門大学に入るための勉強方法などを紹介しますね。

スポンサーリンク

鈴木琢也は元ヤンでとび職

「バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。」の著者、鈴木琢也さんとはいったい何者なのでしょうか?

鈴木琢也さんは、偏差値30台の高校を卒業した元ヤンキーです。

両親が不仲が原因で不良になってしまったそう。

初めて警察に捕まったのは中学1年生の時。
ドラックストアでヘアワックスを万引きして補導されたのが始まりでした。

その後も原付バイクを盗んで捕まったり、学校で問題を起こして、何度も警察におせわになったそうです。

県内の偏差値最低ランク30台の神奈川県立柿生高等学校に入学したものの、勉強はせずにバイクで走り回る元ヤンの日々をすごしていたそうです。

そして、高校卒業後は、不良の王道就職先?(とご本人が言っています。)の『とび職』の会社に勤め、とび職人として肉体労働に励んでいたのです。

スポンサーリンク

元ヤン鈴木琢也が一念発起

とび職に就いた鈴木琢也さんは、とび職は歩合制で自分に向いていると思い、大きな不満もなくすごしていたそうです。

そんなとき、あることをきっかけに鈴木琢也さんは一念発起し、仕事や生き方に対する考え方が変わり、人生が一変することとなりました。

それは、外資系保険会社に勤務していた鈴木琢也さんの父親が、好成績をあげトップセールスマンとしてハワイで表彰されることになり、同行した鈴木琢也さんは父親の誇らしい姿をみて衝撃を受けたことがきっかけでした。

鈴木琢也さんは、両親の説得でしぶしぶハワイへ同行したのですが、舞台の上で表彰されるという今まで目にしたことのない父親の姿を見て、「めちゃくちゃ嫌いだったけど、悔しいけどカッコ良かった。インパクトが大きかった」と話しています。

さらに、「お金を稼ぐために仕事をするけれど、それ以上に情熱を持って仕事をしていた。自分の当時の仕事の感覚とは少し違った。その圧倒的な生き方の違いになんかいいなと純粋に思った」と語っています。

父親の働く姿から、『情熱をもって働くこと』を初めて知ったのですね。

そして、そのためには勉強が必要だと考え、1年でとび職を辞めて、2006年にITの専門学校で情報処理を学ぶことにしたのです。

鈴木琢也が世界の名門大学を目指す!

父親が仕事で表彰される姿をみて一念発起した鈴木琢也さんは、「たくさん稼いで楽しいことをしたい」「情熱をもって仕事をしたい」という思いを持つことになり、そのためには勉強をすることが必要だと考えます。

そしてIT専門学校で2年間猛勉強し、情報処理の国家試験にも合格して、2008年4月にIT系上場企業のトランス・コスモス株式会社に再就職しました。

努力が実って新たな人生のスタート!!・・だったのですが、なんと、その後すぐにリーマンショックがおこってしまい、就職したトランス・コスモス株式会社も大きな影響を受けることとなってしまいました。

でも、そんな状況下でも大きな案件をまとめあげ成果を出す社員もいたそうです。

そこで、『成果を出せる社員と自分との違いはなんだろう?』と考え、彼らが持っているのは『学ぶ力の強さ』だと気づいたとのこと。

鈴木琢也さんは「あの人たちが持っている勉強していく力が欲しい」と思い、大学進学を考えるようになりました。

すると、勉強するなら支援すると父親が申し出をしてくれ、だったら「目指すならてっぺん!」と思い、当時の世界ランキング第3位、『カリフォルニア大学バークレー校』を目指すことに決めたのです!

鈴木琢也さんが24歳のときでした。

でも鈴木琢也さんは、渡米するときの英語力は英検4級もないレベルだったそうで、カフェでコーヒーすら注文できなかったとのこと。

よく、思い切って海外の大学に留学しましたね。
ものすごい決断力と実行力です!

それだけ、『学ぶ力』『勉強をしていく力』というものが本当に欲しいと強く願っていたのでしょうね。

鈴木琢也はカリフォルニア大学バークレー校に入学

カリフォルニア州では2年制の短期大学で必要な成績を取得すれば、4年制大学に3年次から編入できる制度があります

それを知った鈴木琢也さんは、まずはカリフォルニアの短期大学に留学し、2年間勉強して、カリフォルニア大学バークレー校への入学を目指しました。

でも鈴木琢也さんは元ヤンですから、中学・高校6年間の英語力はほぼ0(ゼロ)の状態でした。

英語を習得するには、まずは単語力が必要!
そこで、1日100以上の単語を覚える努力をしたそうです。

さらに、その単語を忘れてしまわないよう、覚えた20分後、1時間後と復習を繰り返すという方法で単語力を身につけていったとのこと。

また、リスニングやスピーキングが出来なければ大学の授業についていけませんし、ディスカッションすることもできません。

そのため、鈴木琢也さんは2年間の間、毎日10時間以上の猛勉強を1日も欠かさず続けたそうです。

そしてついに、見事、カリフォルニア大バークレー校に入学することができたのです!!!

本当にものすごい努力をされたのですね。

スポンサーリンク

 鈴木琢也はカリフォルニア大学バークレー校を卒業

鈴木琢也さんは、ついにカルフォルニア大学バークレー校に入学することができました。

大学に入ってみると、周りは天才ばかりと思っていたら、実はほとんどの人がものすごい努力家であることに気づいたそう。
必要だと信じたことに時間と労力を投入し続けている学生ばかりだったそうなのです。

「人は得意分野こそ違っても、本来持っている力は同じはず。『自分のどの部分を伸ばすことで、周りの人とコラボレーションしていけばいいのか』とポジティブに考えられるようになったことが、一番の学びでした。」と語っています。

そして、努力が実り、2015年5月カルフォルニア大学バークレー校を卒業しました!

ついに夢をかなえたのです!!

鈴木琢也さんが29歳のときでした。

鈴木琢也の現在の活躍

鈴木琢也さんは、世界の名門大学、カルフォルニア大学バークレー校を卒業した後、現在に至るまで、精力的に活動されています。

卒業した年の2015年10月には、「バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。」を出版し大きな話題に。

2016年8月に任意団体TOKIHA代表就任し、20018年1月にTOKIHAの顧問就任。

そして、2018年3月にはグロービス経営大学院を修了、つまり『MBA』を取得したのです。

現在はグロービス経営大学院で働きつつ、執筆、講演活動をおこなっています。

元ヤンでとび職人だった頃からは想像できなほど、人生が一変したのですね。

鈴木琢也さんはこんなふうにも語っています。

ほとんどの人は、社会人になってから本当に自分がやりたいことって何だろうと気づくものです。僕は今後、いくつになってもやりたいことを始められる、変われる環境を作っていきたいと考えています。

引用元:www.adeccogroup.jp/

大人になってから、人生を迷ったり悩んだりしている人にとって、とても心強いメッセージですね。

まずは、「バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。」を読んでみたいです!

鈴木琢也のプロフィール

最後に鈴木琢也さんのプロフィールを紹介しますね。

名前:鈴木  琢也(すずき  たくや)
生年月日:1986年4月3日
年齢:34歳
学歴:神奈川県立柿生高等学校卒業、IT専門学校(情報処理)卒業
   カリフォルニア大学バークレー校卒業(政治経済学専攻)   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題の人
サムスぺ(Something Special)


タイトルとURLをコピーしました